So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト会議! [プロ野球の話]

東海大・菅野のまさかの日ハム指名という波乱があった
今年のドラフト会議。
幸運にも、観覧招待に当選したので、弟くんと行ってきました!

DSC00001 (1).jpg
生で観るドラフト会議はもちろん、初めて。
やはり、あの場面はすごい盛り上がり方でした。

DSC00001 (2).jpg
会場のグランドプリンスホテル新高輪の国際館パミール
3階「崑崙」前には12球団の旗が。

DSC00001 (3).jpg
もちろん、ジャイアンツの旗の前で記念撮影。

DSC00001 (4).jpg
会場内に入り、席を確保。
どんな席かというと・・・・・・

DSC00001 (5).jpg
抽選ステージのまん前、最前列でした!

DSC00001 (6).jpg
で、こんな格好をしてたもんだから、場内のスクリーンに
ちょいちょい、映し出されます。
もちろん、「あの場面」でも[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC00001 (7).jpg
ベージュのスーツが原監督。
この時は、まだあんなことが起こるとは夢にも思わなかったん
だろうなぁ。

DSC00001 (8).jpg
感動したのは王さんの登場。
入場してきた時には、場内が盛り上がりましたね。
鳥肌が立ちました。
いつまでも元気でいてほしいです。

で、本会議進行中はカメラ撮影は禁止なので、しばし
テキストだけで。
席が席だったので、抽選の時はいろいろなことが見えたり
聞こえたり。
東洋大・藤岡の抽選の時は、目の前3mほどのところに
楽天 星野さんが立っていたのですが、封筒を開け、
くじを確認した時につぶやいた
「ないわ」
という声が聞こえました。

さて、菅野のシーン。
まず、ジャイアンツが指名した時には、当然のような雰囲気
だったのが、続く日ハムの指名で同じく菅野の名前が
コールされた瞬間の場内のどよめきと、拍手の音のすごさったら。
「ようやった!!」
の掛け声も。
僕と弟くんは頭を抱えながら呆然。
で、抽選。
清武さんが、2枚重なって置かれた封筒のうち、下の方を手にした
瞬間、弟くんと同時に
「え?上じゃない?」
と声を揃えてつぶやいたのです。
上でしたね[もうやだ~(悲しい顔)]
日ハムの球団社長の右手が上がった瞬間は、それはもう
地鳴りのような音圧で
「うおぉぉぉぉ~~~」
「ヨッシャーーー!!」
「あぁぁぁぁぁぁ・・・・・」
僕ら親子は唖然、呆然。
しばらく声も出ず。
隣に座っていた男性(候補選手のことにすごく詳しい方でした)は
「これはないよ。やってはいけないことだよ。
 人の人生、なんだと思ってんだよ・・・・」
とつぶやいておられました。
ネットではいろいろなコメントが出てますが、やっぱ、だめだよね、
日ハム。そんなことしちゃ。
原監督は微動だにせず。
原監督で外したなら、まだ納得感はあったかなぁ。
はずれ1位の検討も、ジャイアンツは長引いてましたね。
で、英明の松本で、またまた横浜と抽選。
再び登場した清武さん、顔はこわばり、抽選箱に手を入れる前は
かすかに手が震えてましたね。
まぁ、気持ちはわかるけど。
結果は、ジャイアンツが交渉権獲得。
まぁ、これはこれで、いいピッチャーを獲れましたね。
でもなぁ・・・・。

で、1巡目が終わると、あとはウェーバー方式での指名なので
淡々と進みます。
「おぉぉぉ~」とか「へぇぇぇ~」とか「ほぉぉぉぉ~」という声が
指名のたびに湧きおこります。
一番盛り上がったのは、日ハムの7巡目の
「大嶋 匠 捕手 早稲田大学ソフトボール部
って読み上げられた時でしょうか。
ソフトボール部?
「日ハム、なめてんのか?」
「早稲田の野球部のキャッチャーが怒るぞ、これ」
なんて声も聞こえます。
なんか裏があるのかな?と思っていたのですが、
ソフトボールではすごい選手だったんですね。
記念に受けた入団テストで目にとまって、ドラフト会議が
テストの結果発表だったとか。
まぁ、人柄もよさそうだし、行く末を見て行きましょうか。

DSC00001 (9).jpg
1巡目が確定した後、20分の休憩があったので、
となりの「北辰」に。
「ドラフトFAN FUN ミュージアム」というイベントをやってました。

DSC00001 (10).jpg
ここでの目玉はこれでしょう。

DSC00001 (11).jpg
ドラフト指名体験コーナー。
用紙に、希望球団と、名前、ポジション、所属を記入して
係の女性に渡すと、

DSC00001 (12).jpg
ドラフト本会議と同じように、球団の旗がはためいて、

DSC00001 (13).jpg
弟くん、ジャイアンツに指名されちゃいました!!
はぁ、8年後にこうなっていたらいいなぁ[わーい(嬉しい顔)]

DSC00001 (14).jpg
抽選体験コーナーも。
実際に使われているものとおんなじ抽選箱です。

DSC00001 (15).jpg
交渉権獲得です[わーい(嬉しい顔)]

DSC00001 (16).jpg
このウォールは、各球団の代表選手 5人のサインボールが
展示されていました。
全部欲しいなぁ、これ。

DSC00001 (17).jpg
DSC00001 (18).jpg
DSC00001 (19).jpg
DSC00001 (20).jpg
DSC00001 (21).jpg
DSC00001 (22).jpg
DSC00001 (23).jpg
うん、欲しい。

DSC00001 (24).jpg
こんなコーナーも。

DSC00001 (25).jpg
DSC00001 (26).jpg
DSC00001 (27).jpg
DSC00001 (28).jpg
DSC00001 (29).jpg
DSC00001 (30).jpg
DSC00001 (31).jpg
これも欲しい[わーい(嬉しい顔)]

DSC00001 (32).jpg
各監督からのメッセージです。
ん?
11枚しかないですね。
よく見ると、阪神がありませんでした。
そうか、まだ和田監督の発表がないんだった。
ちなみに、日ハムは梨田さん、中日は高木さんでした。

DSC00001 (33).jpg
原監督のメッセージ。
このカードが欲しかったねぇ。

育成ドラフトまですべて見終えたのが、20:30頃。
品川駅の「品達」内の「けいすけ」でラーメンを食べて
帰宅したのですが、このドラフト会議、ファンサービスも
すごいですね。
記念品をいただきました。

DSC00001 (34).jpg
袋の中身は、

DSC00001 (35).jpg
これ、ティッシュです。
が、ただのティッシュではありません。

DSC00001 (36).jpg
12分の1の確率で、「交渉権確定」の文字が入った
ティッシュが入っているんだそうな。
これはいい遊び心ですねぇ。
NPBのオンラインショップで、1箱700円で販売しているものが
2箱入っていました。
太っ腹!

DSC00001 (37).jpg
監督さん達も胸に着けていたピンバッヂ。

DSC00001 (38).jpg
クリアフォルダー。

DSC00001 (39).jpg
そして、週刊ベースボールの特別号。

DSC00001 (40).jpg
候補選手ガイドでした。
これは助かりましたね。
鉛筆もついていて、指名された選手を書き込めるように
なってます。
弟くん、ジャイアンツの選手だけはしっかりと書き込んでいました[わーい(嬉しい顔)]
どうせ、明日の新聞に載るよ、って言っても、
早く選手の名前を覚えたいんですと。
それくらい、勉強も一生懸命だったらいいのにねぇ[わーい(嬉しい顔)]

DSC00001 (41).jpg
これは、会場で早速配られていた号外。

DSC00001 (42).jpg
裏は、両紙とも、過去のドラフトのさまざまなドラマのことが。
今年のドラフトも、まちがいなくこの中に入っていくんでしょうね。

ということで、非常に貴重な体験をさせてもらった今年のドラフト会議。
目の前で、あんなことも起こっちゃって、一生忘れられないドラフトに
なりそうです。
これを超えるドラフトは、やっぱ、8年後に弟くんが指名されることかな[手(チョキ)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。